女子トイレだけプチリノベしてみた

予算がなくてもポイントを押さえた改装をすれば効果があるという事例です。

ビル再生100の物語_10 女子トイレだけプチリノベしてみた事例

掃除は行き届いている。扉の塗装も塗り直してあって手入れはされている。
でも元々の内装が古臭いので、なんか寒々しい印象をどうしても感じてしまう。

そういうビルって多いですよね。

これはトータルの印象ですし、作った時のデザインセンスの問題でもあるので、こういうイメージを持たれるようになったら、共用部全体のデザインコンセプトを見直して改装することをオススメします。もちろん多くのお金がかかりますが、物件自体の商品力がアップするので中長期で考えればその方が結局得です。

でも、そういう場合にありがちなのが、空室が長く続いたためにお金に余裕がなくて改装できない(したくない)というケースです。

P1280007

この写真もどこか機能が決定的にまずいわけではありませんが、
「水回りは内見の印象にすごく影響するので改装しましょう」と提案しました。

幸いオーナーさんには理解してもらえたのですが、厳しい予算の制限が条件でした。

中途半端に壁の色だけ変えても効果は知れていますので、
「いっそのこと女子トイレに予算を集中してそこだけ変えよう!」ということに。

内見のお客さんの中に女性がいる場合は、まず必ず「お手洗い見せてもらえますか?」とチェックされます。女性にとってはお化粧も直す場所ですし、清潔感や使い勝手の良さへのこだわりは男性の比じゃありません。

「社長、ここのトイレはちょっと・・・」
内見の帰りにそんなことを囁かれたら、まず成約は無理でしょう。

P1260082

女子トイレ全部をリノベーションする予算もなかったため、さらにポイントを絞りました。

・ウォシュレット付にする
・鏡を大きくする
・化粧台に使えるカウンターを設置する
・雰囲気を変えるために電球色の照明にする

P1270833

こうなりました。

大きく改装したように見えますが、実はこれほとんどすべてIK〇Aのものを選んでいて、大してお金かかっていません。
安くて大きい鏡を見つけるのに苦労したのですが、それも姿見として売っていたものを横にしてつけただけです(笑
(石田)

 


空室対策技術集Vol.1~3を進呈します!

中小築古ビルのオーナーを対象に
空室対策を実戦的に解説した空室対策技術集を発表、無料配布いたします。

※始めて読まれる方に

これまで、東京都心の中小型ビルが検討客を集められない4つの原因へ対応する考え方として、リーシングマネジメントという考え方が大切だとご説明しました。
リーシングマネジメントの基本的な考え方は、
「打点(空室を埋めること)は、打席数(認知度を上げること)×打率(決まりやすい条件やウリ)に比例する。」です。

弊社での空室対策の事例オーナーさんの声など、
バリューレイズのHPにて詳しくご覧いただけます!

株式会社バリューレイズのフェイスブックページへ「いいね!」をお願いします!

もしよければココ↓へのクリックもお願いします!

 

Share on Facebook