個性派オフィスのススメ

築古で立地もぱっとしないビルが、大したお金もかけずに満室稼働している!?

ビル再生100の物語_45 個性派オフィスのススメ

 

中小ビルもテナント需要が回復してきた感がありますね。

でも、これも一時のことで、また苦しい時代がやってくるんじゃないか?
ウチのビルも年々古くなって、この先はどうしたらいいんだろう?

と不安を抱えるオーナーさんも多いのではないでしょうか?

中小ビルは、テナントが埋まらない、ビルを直すお金がない、その結果、余計他のビルより見劣りしてさらにテナントから敬遠される、そんな悪循環に陥っていることが多いです。

そんな中小ビルはどうしたらいいのでしょうか?

ここでひとつ朗報があります。

中小規模でも、古くても、立地が悪くても、テナントから人気になっているビルがあります。
しかも、新築そっくりに大改修したりしたわけでもありません。

築古で立地もぱっとしないビルが、大したお金もかけずに満室稼働している。

そんな風に自分のビルもしてみたくないですか?

その秘密は、貸室の内装の「個性」と「雰囲気」にあります。

P1250029

これまでは、タイルカーペットに白い壁と無機質な蛍光灯のオフィスばかりでした。
どのビルを見ても全部同じような内装ばっかり。

ビル探しをするテナントにとっては、いくつもビルを見て回るうちにどれがどの物件だったかわからなくなってしまうほどです。

そんな中、カフェやギャラリー風、自宅のリビングのような居心地のいい雰囲気をオフィスに求めるテナントが増えています。

無題

以前からこの傾向は密かにありましたが、最近特にオシャレなシェアオフィスで起業する人が増え、事業が軌道に乗って自分の独立したオフィスを探す時にも「個性的」で「雰囲気のいい」オフィスを探すことが多くなりました。
(これらをまとめて「個性派オフィス」と呼ぶことにします。)

でも実際にオフィス探しをしてみると、どこも従来の殺風景な物件ばかり。

IMG_2131

自分で内装を変えられることは分かってはいますが、お金もかかるし解約時に原状回復もしなければいけません。それに内装の雰囲気を自分で指示して作ってもらうようなこともやったことがありません。出来上がったものを見て選びたいのです。

「最初からいい雰囲気に仕上がっているオフィスってないですか?」

最近よくこういうことを聞かれます。

でもこうしたオフィスはまだまだ少なく、求める人にとっては貴重な存在なのです。

だから、築年数や立地よりも、「個性派オフィス」に人気が集中します。

こうしたビルは、たとえテナントが解約になっても次の募集に困ることもありません。

中小ビル、特に安定的なビル経営がしたい個人オーナーさんのビルにはオススメです。

(石田)

 

 

空室対策技術集Vol.1~3を進呈します!

中小築古ビルのオーナーを対象に
空室対策を実戦的に解説した空室対策技術集を発表、無料配布いたします。

※始めて読まれる方に

これまで、東京都心の中小型ビルが検討客を集められない4つの原因へ対応する考え方として、リーシングマネジメントという考え方が大切だとご説明しました。
リーシングマネジメントの基本的な考え方は、
「打点(空室を埋めること)は、打席数(認知度を上げること)×打率(決まりやすい条件やウリ)に比例する。」です。

弊社での空室対策の事例オーナーさんの声など、
バリューレイズのHPにて詳しくご覧いただけます!

株式会社バリューレイズのフェイスブックページへ「いいね!」をお願いします!

物件のご相談、ブログ記事に関するお問い合わせはこちら↓へお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

ご相談の内容

Share on Facebook