Loading

MENU

    TOP > 中小ビル100の物語 > グリーンを置いてみる その2

中小ビル100の物語 / / 156
PV

一覧を見る

#87

グリーンを置いてみる その2

エントランスの雰囲気を変えるのに、大規模なリニューアルに踏み切れない。ちょっとした工夫で雰囲気を変えたい。

エントランスリニューアル
決め手に欠けるデザイン。

ビル全体の大規模リニューアルを予定していた昭和50年代のビル。
シンメトリーな階段が印象的ですが、エントランス正面の象徴的な壁がさみしく、デザインの決め手に欠けます。
照明を仕込む、開口しガラスブロックとする、など、様々なデザイン案が出ましたが、いずれ飽きてしまうようなデザインでは、大金をかける意味がなく、決め手にかけました。

P1310092
P1310091

リースグリーンを活用したキャビネットを設置
様々なリサーチをかけるうち、リースグリーンを導入することに。
背丈大の観葉植物が数鉢置かれるだけでも雰囲気は変わりますが、今回は管理上開ける予定だった開口部に大工さんに頼んで、キャビネットを製作してもらい、グリーンを配置しました。エントランスにアイキャッチができ、来館者の目が集中するようになります。

IMG_0035

管理は常駐していないため、定期的にメンテナンスに入ってもらえるリースグリーンにすることで、いつも青々とした緑が維持されています。シーズンごとに季節感のある植物に入れ替えてもらうこともでき、夏は涼しげな樹種、冬は赤を入れた温かいクリスマスを意識した樹種を入れることも可能です。

IMG_0040

生き物がいることで景色に動きが出て、エントランスが華やかになるとともに、入居者の目を楽しませており、静かな入居者サービスとなっています。

IMG_0096

関連記事