Loading

MENU

    TOP > 中小ビル100の物語 > 小規模オフィスのテナントミックスとは?

中小ビル100の物語 / / 176
PV

一覧を見る

#96

小規模オフィスのテナントミックスとは?

外観1
三田の40平米オフィス
当社で2年ほど管理している三田のビル。大通りに面した30室ほどの小規模オフィスが入るビルです。
田町駅から6分、三田駅から4分ほどのこのビルは、品川の新幹線、羽田空港へのアクセスが良く、営業所を構えたい地方企業さんから人気のエリアです。ビルの前の道路からは東京タワーが望め、観光客が東京を象徴するような写真をとるスポットとしても有名です。

オフィス用途で使える様々な業種
このビルは、30室超の部屋数に様々な業種が入居しています。基準となる部屋が40平米程度とコンパクトで、社長1人の会社から5,6名規模の会社まで様々です。業種は会計士や弁護士などの士業から旅行代理店、外資系メーカー、地方企業の営業所、出版社、鍼灸師、カイロプラクティック医院、幼児教室など、オフィス用途として使える様々な業種が入居しています。

P1340726
入居者がつくるビルの雰囲気
当ビルの良さは、立地もやリノベーションした部屋もさることながら、やはり入居者のみなさんそのものです。偏りがなく様々な業種が入居することで、常に人の出入りがある賑やかな雰囲気がよくでています。スーツの人、私服の人、民族衣装の外国人など、出入りしている人たちを見ているだけで楽し気です。1階には常駐の管理人さんがおり、エントランスでお互い挨拶しているのも活気があっていいですよね。

20150601-(3)
内装を変えることで変化した業種
この春、当ビルの3部屋ほどをリノベーションしました。それまでカーペットだった内装からフローリングへ。トイレもそれまでより広く改修した部屋です。もちろんこのフローリング床はオフィスとしてつかえます。

募集をはじめてみたところ、それまでのビルの人気とあいまって、たくさんのお問い合わせがきました。
それまでは様々な業種とはいってもほとんどがオフィス利用。今回はカイロプラクティックや幼児教室など、部屋のアメニティを気に入ってくれた来客型のサービスをする業種が多かったのです。既存業種とも干渉しないことから、入居を決め、また奥深いビルへと変貌したのでした。

関連記事