Loading

MENU

    TOP > 新着情報 > ブログ > 次世代の働き方とオフィスを考える_1 次世代の働き方とオフィスを考える

ブログ / / 148
PV

一覧を見る

次世代の働き方とオフィスを考える_1 次世代の働き方とオフィスを考える

次世代の働き方とオフィスを考える_1

次世代の働き方とオフィスを考える

 

少しサボってましたが、ブログまた再開します。
今年のブログのテーマは、「次世代の働き方とオフィスを考える」でいきたいと思います。
(写真は年末の福井のカフェでの年末カウントダウンの様子です)
福井カウントダウン2
次世代オフィスとか働き方の変化などに焦点をあてて、こんな変化やこんな場所が面白いなどの紹介や、変化の背景を考察するなど、書き綴っていきたいと思います。

このテーマは、過去ブログでも何度か触れてきましたし、昨年のイベント「新しい働き方に合った次世代オフィスとは何か?」でもアツくみなさんと語ったことでもあります。

イベントの時に伝えたかったメッセージはこんな感じでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事と契約するタイプの人(会社や組織に労働力を提供する関係じゃなく仕事の成果にコミットするタイプの働き方の人)は、快適さ、特に居心地の良さと創造性を刺激される環境を求める傾向にあります。

また、そういう人達は「目標に応じて働く場所、時間、働く相手を自分で選べる」方がモチベートされると言われています。

次世代のオフィスはそんな環境を実現できる仕掛けが満載のバショであるべきだ!

「ネクタイと組織に縛られない働き方にあった、創造的で居心地のいい仕事の場所」
僕らは次世代オフィスをそう定義したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し抽象的な言葉が多いですが、これらをより具体的に追及すべく、「じゃあ自分たちでもっと
面白い次世代の働き方に合ったオフィスを作っちゃおうよ」ということを今年の会社の目標に掲げました(笑

具体的にはおいおいこのブログでも書いていきますが、気になってるキーワードとしては、例えばよく言われる「シェアリングエコノミー」も、いろんな形が出現して来てるように思います。

カーシェアやシェアハウスのように、物理的なモノやバショをシェアする形態はもはや一般的になっていますが、例えば本格的に仕事をシェアしたり、オフィスの賃料を入居者が管理運営に参加することで、体で払ったりしたらより面白いんじゃないか?いや、さらに入居者同士が自分たちのサービスをブツブツ交換できたらもっと楽しいし、これって税金もかからない新しい経済みたいなことになるんじゃないか?など、妄想が止まらなくなってきます(笑

こういう兆候はすでに自然発生的に始まってたりもしますので、より確信犯的に追及研究してみたいと思っています。

(石田)

タグ
関連記事